10
今をときめく俳優ジョゼフ・ゴードン=レヴィットの若々しい姿が存分に拝める作品。

男性目線で描かれた恋愛映画で、リアルな感じが見る人によっては嫌な思い出を想起させるかもしれませんね。

ただ、その胸に何か残る感じも含め、見てよかったと思える映画だと思います。

sponsored link

あらすじ、ネタバレ

あらすじ

グリーティングカードの会社に勤める建築家志望のライター、トム。
彼はある日、アシスタントとして入社してきたサマーに一目惚れしてしまう。
それが彼にとって運命的に出会った彼女との1日目だった。
そして4日目には、エレベーターの中で好きな音楽の話をしたことをきっかけに、2人は会話を交わすようになっていく。
28日目、トムはサマーに彼氏がいないことを知る。
しかし、“恋人なんて欲しくない。誰かの所有物になるなんて理解できない”と語る彼女は、愛というものを信じていなかった。
それでも、これを機に友達としてつきあい始める2人。
34日目、デートのさなか、“真剣につきあう気はない”と伝えるサマーに対しトムは“気軽な関係で構わない”と答え、2人の距離感が縮まっていく。
そんなトムとサマーの淡くも良好な関係は、ずっと続いていくかに思われたが…。

(allcinema.netより引用)

物語は、二人が出会ってからの500日を、時系列を行ったり来たりしながら辿っていきます。

運命の相手を探すロマンチストなトムと、恋愛にしばられたくないサマー。

サマーの恋愛観にトムが合わせることでうまくいきそうな二人でしたが、仲が深まるにつれて、トムは気軽な関係を続けることが辛くなります。

”恋人”として関係をはっきりさせたがるトムから、サマーは次第に遠ざかり、二人は別れることに。

サマーを忘れられないトムは、彼女との復縁を望みますが、サマーから結婚することを聞かされます。
その理由は「相手に運命を感じたから」というものでした。

トムはグリーティングカードの会社を辞め、夢だった建築家になるために就職活動をします。

サマーと出会ってから500日目。
就職面接の待合室で、トムは一人の女性と出会います。

トムは彼女をお茶に誘います。
彼女は名前を「オータム」だと名乗り、面接に向かうのでした。

sponsored link

感想

男性目線の恋愛映画ですが、女性が見ても楽しめる作品ですね。

まず、サマーが魅力的!
演じているのは、ズーイー・デシャネル。歌手としても活躍する、個性派女優です。

とびっきりの美人というわけではないのですが、クラスでモテる女の子。そんな感じ。

恋愛に縛られたくないと感じ、ラフに体の関係も持ってしまうような女の子なのですが、決してビッチな感じではありません。

自分に正直に生きているからこその危うさが、男性をひきつけるような女性ですね。

もちろん、髪型やファッションもそれを体現するような、飾りすぎないおしゃれがステキなんです。
2009年の作品ですが、時代を経てもこのおしゃれな雰囲気は伝わるんじゃないかと思います。

15
16

そんなサマーのつかみどころのなさに惹かれ、悩まされるトム。

トムはサマーを手に入れたいのに、結局手に入れることができません。
その事実は、見ている側にも大きな喪失感を与えます。

トムに感情移入してしまうので、サマーと順調にいってる場面でも、心の中にはず~っと切ない感情がとどまります。
でも、その切なさを味わうのが、この映画の醍醐味なのかな、と思います。

最後に「オータム」との出会いがあるのですが、それでも彼女が手に入るかはわかりません。
どうしても思い通りにならないこともあるけれど、それでも次に進んでいく。
当たり前の現実を、トムのサマーとの500日を見ることで実感させてくれる映画だと思います。

おススメ度:★★★★☆

映画全体にあるおしゃれな雰囲気も含めて、定期的に見たくなりそう。
ただ、過去の失恋をひきずる男性にはあまりおススメできない映画かもしれませんね。

ちょっと感情移入しすぎて、泣いちゃうかもしれませんよ(笑)

sponsored link