2
史実に基づく小説「清須会議」
が映画化されたこちらの作品。

小説の作者、三谷幸喜さんが監督をつとめています。

実際にあった出来事を、笑いを交えつつ、裏切りのオチまで持っていくところはさすが三谷幸喜!
歴史に興味がない人でも楽しめる作品ではないでしょうか。

sponsored link

あらすじ、ネタバレ

本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お市(鈴木京香)、秀吉は信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方にする。そして跡継ぎを決めるための清須会議が開催されることになり、両派の複雑な思惑が交錯していく。

シネマトゥデイより引用

歴史に詳しくない方でも、本能寺の変で織田信長が亡くなったことはご存じでしょう。
そして、その後は秀吉が台頭し、天下統一を果たしますよね。

この映画で題材となっている「清洲会議」は、その信長の死後、秀吉が天下統一を果たすための重要なファクターとなった出来事です。

信長の後継者をだれにするか?を決める会議ですが、議論は後継者本人ではなく、議決権を持つ者たちの思惑で動いていきます。

実は、清州会議自体はたった一日の出来事
その会議に至るまでのすったもんだが、ストーリーの大半を占めています。

後継者の候補は2名上がります。

一人目は、真面目で頭もよいが、カリスマ性に欠ける三男の信孝

二人目は、家臣にもアホだと軽んじられる、まさにバカ殿な次男の信雄

秀吉は自分の力を大きくするため、バカ殿の信雄を推薦しますが、事前の「旗取り合戦」で信雄がバカすぎて負けてしまいます(このシーン、面白くて好きです)。

しかしその帰り道、川で信長の長男の妻・お松と、その子ども・三法師に出会います。
信長の長男は、すでに本能寺の変で死亡しています。

お松が三法師を「小さいお屋形様(織田信長)」と呼んだことで、三法師を後継者にすることを思いついた秀吉。

そして事前の根回しもあり、会議では三法師が跡取りに決定。
お披露目の席で幼い三法師を抱きかかえ、中央に座る秀吉の姿は、彼が後に天下を取ることを想像させるのでした。

万事、秀吉の思い通りに進んだかに見えたストーリー。

実は、お松が父・武田信玄の血を絶やさぬよう、三法師を秀吉に推させるようにいろいろ画策していたのです。
ここが一番、見ている人を裏切るシーンですね。

キャストは超豪華!

sponsored link

さすがは三谷幸喜の作品、脇を固める人物まで、豪華なキャストが勢ぞろいです。

「えっ、出番これだけ!?」という方もいて、ちょっともったいないキャスティングかも…。

羽柴秀吉・・・大泉洋さん
4

秀吉は明るく人の心をつかむのがうまい豪快な人物。
大泉洋さんはまさにイメージにぴったりで、ハマり役だと思いました。
秀吉は”猿”と呼ばれていたことは有名ですが、大泉洋さんもちょっとサルっぽさがあるのでそこも良いのでは?

柴田勝家・・・役所広司さん
3

最後まで秀吉と争う役どころ。
田舎の武将らしい豪快さと男らしさあふれる容姿です。
まっすぐで愛されるキャラです。

丹羽長秀・・・小日向文世さん
5

冷静な戦略家。勝家を動かして清州会議を裏で動かそうとしますが、最後は秀吉について三法師を推薦します。
柔和な顔で腹では何を考えているかわからない、まさに小日向さんにぴったりな役です。

池田恒興・・・佐藤浩市さん
6

自分の立場が第一!な池田は、日本の中間管理職のサラリーマンにいそうなタイプ。
最後まで秀吉につくか勝家につくか、フラフラふらふら…。
ただ、その姿は妙に共感する部分があり、とても人間らしいキャラクターです。

お市様・・・鈴木京香さん
7

信長の妹で、秀吉に家を乗っ取られることを恐れるお市様。
自分に好意を寄せる勝家を、時には体を使って利用!
眉そりでお歯黒という、不気味な見た目が強烈です。

織田信雄・・・妻夫木聡さん
バカ殿を演じた妻夫木さん。実際の織田信雄も、知恵が足りない殿様だったようですが、妻夫木聡さんのはっちゃけたバカ殿っぷりを見ると、ご本人が気の毒になりますね(笑)。

織田三十郎信包・・・伊勢谷友介さん
信長の弟で、少し変わり者の三十郎。

織田信孝・・・坂東巳之助さん
信長の後継者に推されていた信孝。後に、三法師の後見人になる。

お松姫(松姫)・・・剛力彩芽さん
自分の父・武田信玄の血を守るために、実子・三法師を秀吉の目につくように導いた策略家。
最後に、お歯黒を見せてニタリを笑うシーンは、ぞっとしました。

織田信長・・・篠井英介さん
信長の登場シーンは多くありませんが、印象的に演じています。
織田家の人物を演じた方は、みなつけ鼻をして、肖像画に印象を近づけたそうですよ。

織田信忠・・・中村勘九郎さん
本能寺の変で死んでしまう、信長の長男。
出番はほんのちょっと…。

黒田官兵衛・・・寺島進さん
大河ドラマでは主役に取り上げられた、稀代の戦略家。
秀吉をこっそり支える、寡黙な姿で描かれています。

滝川一益・・・阿南健治さん
織田四天王の一人なのに、道を間違えて会議に間に合わないかわいそうな人。
(本当はぎりぎり間に合ったけど、官兵衛がウソをついて間に合わなかったと勘違い)。

前田利家・・・浅野忠信
勝家の副官で、秀吉の親友。

堀秀政・・・松山ケンイチさん

前田玄以・・・でんでんさん

明智光秀・・・浅野和之さん

森蘭丸・・・染谷将太さん

寧・・・中谷美紀さん

枝毛・・・天海祐希さん

更科六兵衛・・・西田敏行さん

おススメ度:★★★☆☆

ストーリ自体は、裏切られる展開もあり面白かったです。

ただ、5日間の出来事を上映時間138分で見せているので、若干間延びした印象もありました。

キャストは本当に豪華で、それだけにそれぞれのキャラクターが光っていたのは良かったです。

歴史を笑いながら学べるので、学生さんにはおススメかもしれませんね。

sponsored link